Airi Nakano 〜soprano〜

中野亜維里  (ソプラノ)
神奈川県横浜市出身。湘南白百合学園高等学校卒業後、日本大学藝術学部を首席で卒業し、藝術学部長賞を受賞。
東京藝術大学音楽学部声楽科を経て、東京藝術大学大学院博士前期課程オペラ専攻修了。ベッリーニのオペラ「夢遊病の娘」を中心に、医学的要素も含めながら研究した。
度々渡伊し、バチカン・聖パオロ大聖堂やイタリア・フォルトゥーナ歌劇場そして、ロッシーニ歌劇場にて、ソリストとしてロッシーニ歌劇場専属管弦楽団と共演し、枢機卿様より賞賛を受ける。又、同管弦楽団初来日公演全国ツアーの掛川公演と仙台公演に、ソリストとして出演。
新国立劇場 オペラパレスにて、文化庁文化推進特別事業オペラ公演「コジ・ファン・トゥッテ」デスピーナ役でオペラデビュー。同役で東京藝術大学大学院60周年記念オペラに出演した他、「魔笛」夜の女王役・侍女1役、「椿姫」ヴィオレッタ役、「フィガロの結婚」スザンナ役、「愛の妙薬」アディーナ役、「電話」ルーシー役、「こうもり」アデーレ役、「夢遊病の娘」アミーナ等でオペラに出演。
フォーレ「レクイエム」、フランク「荘厳ミサ」、モーツァルト「レクイエム」、ヴェルディ「レクイエム」、ベートーベン「第九」のソプラノソリストを務める。
読売新人演奏会、横浜新人演奏会、ラ・フォル・ジュルネ(東京、新潟)等、全国各地の各種コンサートに出演。東京・神奈川の首都圏をはじめ、長野・京都・大阪・北海道・沖縄などにてソロリサイタルやジョイントリサイタルを開催。
文化庁助成企画 芸大アウトリーチコンサート熊本公演・東京文化庁公演、北海道医学会コンサート出演予定。
アジア国際音楽コンクール第1位、フーガ 国際音楽コンクール第1位、長江杯国際音楽コンクール最高位、横浜国際音楽コンクール審査員奨励賞、日本演奏家コンクール特別賞、大阪国際音楽コンクールEspoir prize等を受賞。
活躍が認められ、雑誌月刊Pianoや音楽の友などにて紹介される。又、様々な雑誌やスタジオの専属モデルを務める他、ショーモデルとしても活躍。元横浜開港祭親善大使テレビやラジオドラマの演奏も度々担当している。
横浜市民広間演奏家協会、戸塚区演奏家協会、横浜音楽協会、草加市演奏家協会、2016・2017サルビアホールレジデントアーティスト、BS-TBS日本名曲アルバム ensemble OASISに所属。
ハーレーダビッドソンに乗るソプラノ歌手であり、2016年10月号ハーレーダビッドソンHOGマガジン掲載。